ABOUT XPS-DELL
  • XPS-ADMIN(20)
  • total:   5873850
  • today:   0000177
  • yesterday:0002146
  • RECENT ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    CATEGORIES
    XPS-DELL.COM LINK'S
    XPS-DELL.COM SEARCH

    CURRENT MODE
    MODE: GUEST
    USER:
    PASS:


    Vostro 220s Front Vostro 220s Rear

    Dellのビジネスモデルでは最廉価機種となるVostro 220シリーズのSlim Tower モデル 「Vostro 220s」です。 前モデルであるVostro 200sとの違いは・・・ケース前面のデザインが幾分、洗練された(あくまで個人的な感想です)。 ChipsetがIntel G33 → Intel G45に更新されたのと同時に内蔵Graphicsも Intel GMA 3100 → Intel GMA X4500HDに。 PS/2等のレガシー デバイス用ポートの復活。 Ethernet LANがようやくGigabitに。 Optical DriveとMedia Card Readerの取り付け方法の改良・・・など、改善された部分も多々ありますが、逆にMotherboard上のシステム メモリ用のスロットがVostro 200sの4スロットに対し、2スロットに減るなど、あからさまにコストダウンを図られた部分もあります。


    Vostro 220s / Front USB and Audio Vostro 220s / Media Card Reader
    Vostro 220sの前面USBポートとAudio In/Out ポート(左) と Media Card Reader(右)です。 この辺りは兄弟機のInspiron 530s/531sや、前モデルのVostro 200sと同様の部分ですが、唯一、Optical DriveのEJECTボタンの形・位置が変更になりました。

    Vostro 220s / Intel Core 2 Duo E8600 @ 3.33GHz Vostro 220s / Dell純正 CPU クーラー
    Vostro 220sに搭載されてきたIntel Core 2 Duo E8600 プロセッサ(左) と Dell純正のCPUクーラー(右)です。 E8600はCore 2 Duoシリーズ中の最高クロックを誇るモデルですが、以前のE6700(2.66GHz)やE6850(3.00GHz)などと比較して、更に消費電力は低く抑えられ フルロード状態での発熱も至って低い・・・実に優秀なCPU・・・と・・・勝手に絶賛させて頂きました^ ^;

    Vostro 220s / 横面 or 上面の排気用FAN Vostro 220s / FOXCONN社製の「煩い`ハズレ'FAN」
    青いプラスティック枠で囲まれた部分が、PCの設置の仕方でサイドFANになったり上面FANになったりする、Vostro 220sの排気用FANです。 確か・・・前モデルのVostro 200sや、兄弟機のInspiron 530s/531sでは全く問題視されてなかったように思うのですが、Vostro 220sになってDell Forumなどでも「煩い、煩い!」と、騒がれるようになった 実に気になる部分です。 実際にInspiron 530s (E6750@2.66GHz) と Vostro 200s (E6550@2.33GHz)と並べてFANの「聞き比べ」をしたところ、確かに写真のVostro 220sの方が煩く感じました。 後日、Vostro 220sを何台かまとめてセットアップする機会がありましたので、FANの音に注意していましたところ、「煩さ」にかなりの個体差がありました。 写真右のFOXCONN社製のFANが、その・・・「煩い"ハズレ"FAN」です。

    Vostro 220s / 19 in 1 Media Card Reader Vostro 220s / 前面のベゼルを取り外した状態。
    Vostro 220sに付いて来たTEAC社製のMedia Card Reader [Dell Parts Number:XN068](左) と 前面のベゼルを外した状態のVostro 220s(右)です。 前モデルのVostro 200sやInspiron 530s/531s等は前面3.5inchベイにMedia Card ReaderやFDDを取り付けるには専用のステーが必要でしたが、Vostro 220sでは厚手のPC用M-3ネジさえあれば市販のCard Reader等を取り付け可能になりました。 ただし、Vostro 220sのMotherboardはFDDを接続する事ができませんので、FDDが必要な場合はUSB接続の外付けFDDを利用するしかありません。

    Vostro 220s / CPU-Z、Real Temp、Core Temp Vostro 220s (E8600/HD4350) / VISTA エクスペリエンス
    Intel Core 2 Duo E8600を搭載したVostro 220sの「CPU-Z」「Real Temp」「Core Temp」 表示画面(左)です。このPrint Screen時の室温は約18℃でした。 右側の画像はE8600/HD4350(512MB)/4G Memory搭載のVostro 220s「Windows Vista エクスペリエンス インデックス」と「CPU-Z」を表示させたところですが、至っておとなしい数値です。

    このVostro 220sの構成は・・・
    CPU: Intel Core 2 Duo E8600@3.33GHz
    MEMORY:HYNIX PC2-6400 2GB x 2 (合計4GB)
    HDD:Western Digital WD3200AAKS 320GB / 7200rpm
    VIDEO:ATI Radeon HD4350 512MB DDR2


    と、Graphics CardをRadeon HD 3450 256MB → Radeon HD 4350 512MBへ変更した以外、ほぼDellから届いたまんまの状態です。 ただ・・・他機種でE8400プロセッサの数値が[5.7]だったのですが、Vostro 220sではE8600プロセッサでも[5.7]だった事と、Radeon HD 4350の数値がHD 3450や HD 2400XTの数値より大幅に下回った事には・・・正直(ノД`)でした。 まぁ・・・市販価格$50以下でファンレス・ロープロ対応&DDR2のHD 4350の実力なんて・・・「そんなモノさ」と言われれば謹んで納得させて頂きますが・・・
    -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    [2009年6月12日] 当WEBサイト・閲覧者の方より、Graphics Cardに付いての ご質問メールを頂戴致しましたので、下記・記事を加筆・追加致しました。
    -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    Vostro 220s Inside / Sapphire Radeon HD 4550 Vostro 220s Rear Panel / Sapphire Radeon HD 4550
    Vostro 220s にSAPPHIRE社製のファンレス Radeon HD 4550 512MB(DDR3)モデルを取り付けた状態の画像です。 VGAポートを取り付ける為に2スロット必要な2段構成になりますが、付属のロープロファイル用のステーにて特別な加工無しにすんなりと取り付け可能です。

    Vostro 220s (E8600/HD4550) / VISTA エクスペリエンス インデックス Vostro 220s (E8600/HD4650) / VISTA エクスペリエンス インデックス
    (左画像)はVostro 220sにSAPPHIRE社製 Radeon HD 4550 512MB/DDR3(ファンレス)を取り付けた状態のWindows Vista エクスペリエンス インデックス値と、GPUコア温度を見る為にGPU-Zを表示させています。 室温23度、ほぼアイドリング状態で53度を示しています。HD 4350からですとAeroデスクトップ値が[3.7]→[5.0]へ、また、3Dグラフィックス値も[4.6]→[5.2]へと上昇しました。 (右画像)は同じVostro 220sにSAPPHIRE社製 Radeon HD 4650 512MB/DDR2(ファン付)を取り付けWindows Vista エクスペリエンス インデックス値とGPU-Zを表示させた画像です。 HD 4550 → HD 4650ですとAeroデスクトップ値は[5.0]→[5.0]で変化無し、3Dグラフィックス値も[5.2]→[5.3]と0.1ポイントの上昇に留まっています。もちろん体感できるような差などありませんが、GPU-Zの数値をツブサに比較すると・・・ファンレスのHD 4550に対し、ファン付のHD 4650の方がGPUコア温度が低い(当然ですが…)事や、その他にもDDR2(128bit)/GDDR3(64bit) 搭載メモリの差などなど、興味深い数値の差が散見されます。

    SAPPHIRE (上) Radeon HD 4550 / (下) Radeon HD 4350 SAPPHIRE (上) Radeon HD 4550 / (下) Radeon HD 4350 SAPPHIRE (左) Radeon HD 4550 / (右) Radeon HD 4350
    SAPPHIRE社製のRadeon HD 4350とHD 4550の比較画像です。 よく似た基板形状ですが微妙に違う部分があり、HEATSINKの形状もこれまた微妙に違います。 また、両者ともに512MBメモリ搭載ですが、HD 4550はDDR3、HD 4350はDDR2と差異があり、HD 4550がDVI/VGA/HDMIコネクタ対応なのに対し、HD 4350はDVI/VGA/S-Video端子となります。 因みに・・・このSAPPHIRE社製のファンレス HD 4350とHD 4550の大きさ(寸法)について気付いた事柄を少々・・・Vostro 200s/220sやInspiron 530s/531s、Studio Slim 540s等の所謂、Slim Towerモデルには問題なく取り付け可能な大きさですが、更に一回り小型のDimension 5100C/5150C/9200C/XPS 200/XPS 210、OptiPlex 745/755/760/960の等のSFFモデルには大きめのファンレスHEATSINKが仇となり、コンピュータカバーとグラフィックス カードのヒートシンクが干渉し、コンピュータ カバーがキチンと閉まらなくなってしまいます。つまり…実質、SFF機には そのままでは取り付け「不可」ですので注意が必要です。

    (上)SAPPHIRE RADEON HD 4650 (下)SAPPHIRE RADEON HD 4550 (上)SAPPHIRE RADEON HD 4650 (下)SAPPHIRE RADEON HD 4550 (左)SAPPHIRE RADEON HD 4650 (右)SAPPHIRE RADEON HD 4550
    SAPPHIRE社製のRadeon HD 4650とHD 4550の比較画像です。 HD 4350とHD 4550では似通った基板形状でしたが、HD 4550とHD 4650では全く違う基板レイアウトです。 両者ともに512MBメモリ搭載、HD 4550はDDR3(bus:64bit)、HD 4650はDDR2(bus:128bit)と、どちらの方が高性能?どちらを選べば良いの?と、誰しもが疑問に思う微妙な差異があります・・・が・・・結局のところ、大きな性能差も無い両者ですので「ファンの有無」程度の理由が唯一の選択肢のような気もします(゚Д゚)ハァ? 両者ともにDVI / VGA / HDMI ポートを各1つずつ装備、また、Low Profile状態でVGA(D-Sub 15pin)端子を使用するには短いリボンケーブルを概して接続しますので、スロットを2段占有するのも同様です。

    SAPPHIRE社製・ATI RADEON 各RETAIL BOX、左より HD 4650 / HD 4550 / HD 4350 SAPPHIRE ATI RADEON HD 4550 512MB (Low Profile) SAPPHIRE ATI RADEON HD 4650 512MB (Low Profile)
    (左画像)SAPPHIRE社製・ATI RADEON HD 4xxxシリーズの各RETAIL BOX。(中画像) SAPPHIRE ATI RADEON HD 4550 512MB(DDR3) 。(右画像)SAPPHIRE ATI RADEON HD 4650 512MB(DDR2)の画像です。
    【category: DELL Vostro Desktop 】 【 comments (12)
    色々有難うございました。

    E8500換装出来ました、作業も意外と楽に出来てしまい自分でも
    大丈夫なのか?不安になるくらいの速さでできました^^

    今のCoreTempも42℃と39℃なので問題ないと思います。

    色々教えて頂き有難うございました。

    あとゲームを起動してみて問題ないか確かめてみます。
    | 初心者 | mail | url | 2011/10/04 Tue 4:00 |
    回答ありがとうございます。

    質問させて頂いた後自分なりに調べましたがおっしゃるとおりCPUだけ購入し
    換装するのがベストだとわかりました。

    大変丁寧な回答頂き感謝いたします。

    換装できましたらまた書き込みいたします。

    ちなみBIOSのバージョンUPは1.0.3に出来ました。
    | 初心者 | mail | url | 2011/10/03 Mon 8:27 |
    こんにちは、初心者さん。
    Pentium-DC E5300(2.60GHz) より Core 2 Duo E8500(3.16GHz) へ 換装予定と言うことでしたら、個人的な経験上のお話で恐縮ですが、
    E5300とE8500辺りで CPU単体、同一のCPUクーラー、同一のマザーボード、同一のケース、と 言う条件でしたら、CPU温度そのものに
    極端な差、例えば「アイドリング時・最大負荷時 共に10℃以上の差がある」と言うような事はまずないと思います。
    また、Vostro 220s等のスリム シャーシの場合は取付可能な市販のCPUクーラーも「背の低いモノ」と、選択できる数も限られており、
    Dell純正のCPUクーラーより換装するメリットが見出され難いと思います。

    また、一言に「クーラー付き」のCPUと言いましても、中古品の場合はIntel社純正のモノ、市販のサードパーティ製のモノ、あるいは、
    Dell社やHP社等のPCメーカー製の専用品のモノなのか、その中古CPUの詳細を見ない事にはなんとも判断のしようがありませんが・・・
    CPUが中古でしたら、付いてくるCPUクーラーも中古と考えるのが当り前ですので、その場合は「サーマル グリス」も別途に用意する
    必要があると思います。因みに新品のIntel Core 2 Duo CPUで、リテールBOX版と言われるモノにはIntel純正のCPUクーラーが付属しており
    そのCPUクーラーには予めサーマル グリスっぽいモノが塗付されていますので、別途にサーマル グリスを用意する必要がありませんが、
    Vostro 220/220sにはIntel純正・LGA775用 CPUクーラーはそのままでは取付不可能な事と、CPUクーラー単体の性能的にもVostro 220sに
    付属のDell純正品の方が多少なりとも上かと思います。

    Intel純正のLGA775用CPUクーラーがVostro 220sに「そのまま」だと取付不可能な理由に付きましては 当サイトの
    「Vostro 220 MT [分解画像] 」のページをご覧頂き、そのCPUクーラーの取付方法をご確認頂きましたらご理解頂けると思います。
    そもそも、Intel純正のLGA775用CPUクーラーは「ネジ留め」ではなく「プッシュ ピン」と呼ばれる雑で簡易的な方法でCPUクーラーを
    マザーボードに固定する方式ですので、自分の知る限り、Dell社製のPCですとそのまま取付可能な機種は ないように感じます。
    また、Vostro 220/220sのDell純正CPUクーラーは「4本のネジ」を 通常(他の機種に多い)はマザーボード裏に取付(貼り付け)られた
    「バックプレート」に4本のネジで締め付ける方法が多いのですが、Vostro 220/220sは「シャーシ」に直接、ネジを締め付ける方式です。

    因みに 当サイトの「Inspiron 530 Customize」ページに無理矢理、Intel純正のLGA775用CPUクーラーをInspiron 530のマザーボードに
    取り付けた例があったり致しますが… これは… ケース取替時にInspiron 530用のCPUクーラーの背が高く取付不可能だった為の、
    むしろ、他に考えの及ばなかった & 背の低いCPUクーラーゴトキにお金を使いたくなかった… 悪しき例とお考え下されば幸いです。

    結論と致しましては、ワザワザ CPUクーラー付きを購入されなくとも、Vostro 220s付属のCPUクーラーに 市販のサーマル グリスで
    C2D E8500プロセッサに換装されるのが 一番、無難なのではないかと・・・ 長文な割には至極、当り前な結論で申し訳ないです。
    | XPS-ADMIN | mail | url | 2011/10/03 Mon 4:40 |
    早速の回答ありがとうございます。
    大変勉強になりました。
    CPUはE5300→E8500への換装を予定してます。
    また質問なんですがE8500を検索すると中古品でクーラー有りっていうのが
    ありますがこれはどういう商品なんでしょうか?
    VOSTRO220Sに取り付け可能でしょうか?
    クーラー付であれば先にお聞き致しましたグリスの作業は省けるのでしょうか?
    なんど質問ばかりで大変申し訳ございませんが教えて頂ければ幸いです。
    | 初心者 | mail | url | 2011/10/02 Sun 9:39 |
    こんにちは、初心者さん。
    CPU用の 所謂、シルバー グリス とか シリコン グリス などと呼ばれる、サーマル グリス(Dell社的にはThermal Grease)についてですが、
    CPU交換時の塗布の是非に関して、Pentium ⅲ プロセッサ以前の頃より 当り前に必須的な扱いですので、絶対に必要な作業かと思います。

    ただ、当サイトAdminの場合、Dell製のPCをテスト目的で数時間に幾つものCPUを同じマザーボード上で交換するような場合にのみ、
    元来、Dell社の場合は塗付されてくるサーマル グリスの量が多めな事と、それなりに良質な事もあり、また、新しいDell PCの場合は
    サーマル グリスそのものも劣化していないハズですので、元々付いていたCPUやヒートシンクより小さなヘラ等でサーマル グリスを
    掻き集めて?おき、清潔な器等に仮保存し、2次利用?と言うか… リサイクル?と言うかのセコくも恥ずかしい使い方をする場合もあります。
    しかし、上記は けっして!人様にお奨めできるような方法ではありませんし、市販のサーマル グリスも そう高額なモノでもありません、
    また、一度、取り付けてしまえば長く使う訳ですから、素直に市販のサーマル グリスをご購入・使用された方が良いと思います。

    Vostro 220/220s のCPU交換時に於いて、他のPCと比較しましても 作業難度的にはチョー簡単?な部類に属すると思いますので、
    「予めPCを掃除(埃等を取り除く)しておく」「コンセントより電源プラグを抜いて作業」「静電気に注意する」等のPC内部の作業時の初歩の
    基本中の基本的な事柄はともかく、作業そのものは ヒートシンク ファンの電源コードをマザーボードから抜き、ヒートシンクのネジを4本を
    緩めて締める「だけ」の事ですので、特別な注意点等はありませんが、敢えて言うならヒートシンク取付時、片側のみが圧着されるのを防ぐ為、
    4箇所のネジのうちの1箇所のみを全部締めて次のネジを締めるのではなく、自動車のホイルナットと同様に対角線上にあるネジを10回転ずつ
    交互に締めていくようにするのが良いと思います。

    また、現在 付いているCPUが不明ですが、CPU交換前に予め「CPU温度測定ソフト」Core Temp や Real Temp 等で計測・記録しておき、
    CPU交換後に異常に高温(アイドリング状態で60℃超)になっていないかを比較・確認される事をお奨めします。
    | XPS-ADMIN | mail | url | 2011/10/02 Sun 3:49 |
    突然の書き込み失礼します。

    vostro220sでCPUを換装しようと思うのですが交換の際は
    やはりグリスは必要でしょうか?

    E8500の中古品を積むつもりなんですが・・・

    お手数でなければ換装の際の注意点とか教えて頂ければ幸いです。

    管理人様のこのサイトはDELLユーザーの私には大変参考になりおお助かりです。

    お忙しいとは存じますが何卒宜しく御願いします。
    | 初心者 | mail | url | 2011/10/01 Sat 10:37 |
    管理人様
    早速の回答有難う御座います。
    DT-H10/PCIをグラフィックカードから遠い方に取り付けてみます。
    これで地デジが見られるようになるかと思うとワクワクします。
    また、増設次第ご報告します。
    | sho | mail | url | 2009/11/24 Tue 6:41 |
    >>sho さん
    巡り巡ってのご訪問、誠にありがとうございます。
    さて、バッファロー社製DT-H10/PCIなるブツを手に取って見た事がありませんので、あくまでメーカーサイトの情報が基本となりますが、
    DT-H10/PCIにはロープロファイル用ステーも付属しているようですし、Vostro 220S のMotherboardにはPCIスロットが2つありますので、
    熱的に気になるようでしたら、DT-H10/PCIを取り付けるPCIスロットをGraphics Cardから遠い方にする等で、幾分、状況が改善されると
    思います。 また、DT-H10/PCIの消費電力は最大で約3W、消費電流は最大で約460mA と記載されており、DT-H10/PCI本体が
    Graphics Card並みの熱を発するとは 到底、考え難く、筐体内の新たな熱源とは成り得ないと思います。 上の写真のVostro 220Sには
    オプションのi1394 PCI Cardが取り付けられていますが、熱的には全く問題無く、DT-H10/PCIもi1394 Cardと ほぼ同等か、少し熱を
    帯びる程度だと思います。 あくまで個人的な意見ですが…DT-H10/PCIの増設に関し、熱的な問題を必要以上に懸念される必要は無いと思います。
    | XPS-ADMIN | mail | url | 2009/11/24 Tue 2:24 |
    巡り巡ってここに辿り着きました。
    管理人様、知りたい内容がずばり写真入で
    載っていて分かりやすく助かりました。
    有難うございます。
    現在vostro220s で地デジを見ようと考えています。
    (ディスプレイ:E2209W、オンボード:Intel GMA X4500HD)
    グラフィックボードは管理人様オススメの
    SAPPHIRE ATI RADEON HD 4650に決め、
    キャプチャーボードはバッファローのDT-H10/PCI でいこうと思っています。
    この際、HD 4650とキャプチャボードの物理的な干渉と
    、熱的な問題に関して不安になっています。
    是非、どのような事態になるのか、ご想像の範囲内で構いませんので、
    教えて頂けないでしょうか?
    お願い致します。
    | sho | mail | url | 2009/11/23 Mon 1:11 |
    管理人さま 迅速な 回答ありがとうございます。

    SAPPHIRE社製のHD 4650(FAN付)を装着する事に致しました。
    適合不可色々尋ねてみたのですが的確な回答が得られず困ってましたので
    本当に助かりましたm(_)m

    demension4700Cから4年ぶりの新機購入で色々興味深い記事読ませて頂いてます。

    また何かございましたらよろしくお願いします。
    | psychopach | mail | url | 2009/09/08 Tue 1:20 |
    psychopachさん、こんにちは。
    結論から申し上げますと、当サイト記事中のSAPPHIRE社製、HD 4350 / HD 4550 / HD 4650共にVGA用の別ステーも含め、
    Studio Slim 540Sにも問題なく取り付け可能です。

    ただ・・・HD4350とHD 4550はファンレス仕様ですので、筐体内に熱が篭り易く、常に熱的な不安が付き纏うと思います。
    差し出がましい話で恐縮ですが、上記 3つのGraphics Cardを使用し 感じました事は、
    やはり、FAN付きのHD 4650以外は、スリム筐体をご使用の方にお薦めし難いのは確かです。
    なお、当サイト「Studio Desktop 540」記事中にSAPPHIRE社製のHD 4650(FAN付)を
    取り付けたStudio Slim 540Sの画像がありますので、宜しければご確認ください。
    | XPS-ADMIN | mail | url | 2009/09/07 Mon 13:41 |
    管理さま 参考にさせて頂いてます。

    ご質問ですが、当方dell studio slim desktopを所有してます。
    今回この記事を参考に、現在装着中のグラボをATI RADEON HD 3450から
    SAPPHIRE ATI RADEON HD 4550 もしくはSAPPHIRE ATI RADEON HD 4650 に交換を検討中です。

    この場合、どちらも装着可能でしょうか?
    恐れ入りますが、ご存知でしたら教えて下さい。
    よろしくお願いしますm(_)m
    | psychopach | mail | url | 2009/09/07 Mon 2:05 |