ABOUT XPS-DELL
  • XPS-ADMIN(20)
  • total:   6120090
  • today:   0000023
  • yesterday:0000141
  • RECENT ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    CATEGORIES
    XPS-DELL.COM LINK'S
    XPS-DELL.COM SEARCH

    CURRENT MODE
    MODE: GUEST
    USER:
    PASS:


    XPS 210(シャーシ) / 5100C / 9200C / XPS 200 XPS 210(シャーシのみ) と Dimension 9200C
    日本ではDimension 9200C、アメリカではXPS 210としても売られているDellのスタイリッシュ&コンパクトなデスクトップ。Dimension 5100C、Dimension 5150C(XPS 200)、Dimension 9200C(XPS 210)とシリーズを発展させてきました。 型番の後ろに付く「C」は「COMPACT」の略だと誰もが勝手に想像していると思うのですが・・・違っていたらごめんなさい^^; さて、Dimension 9200C(XPS 210)、小さくてカッコの良いPCなのですが、小さい故に掃除やメンテナンスは少しやり難いかもしれません・・・しかし、PC内部のお掃除を怠ると熱暴走を起こしたり、パーツの寿命を縮めたりと、様々なトラブルの原因となります。 そこで、日頃からご質問の多いXPS 210(Dimension 9200C)の分解・備忘録です。 因みに左側の画像、左よりXPS 210シャーシのみ・・・^^; Dimension 5100C、Dimension 9200C、XPS 200 です。


    XPS 210 分解 XPS 210 フロント カバー パーツ
    XPS 210(Dimension 9200C)を分解後のパーツ[左画像] と フロント フェース カバー[右画像]です。 小さなPCですが全バラシ状態にしますと、それなりに場所を必要とします。 写真には左右のサイドカバー、CPU、メモリー、HDD、ネジ類、等が写っていませんので、実際には更にゴチャゴチャとしています。 どこまで分解するのか?で方法は変わってきますが、大まかなバラシ順序は、まず、サイドカバーを取り外して・・・オプティカル ドライブ、HDDキャディ、電源、CPU Heatsink、Motherboardといった感じです。

    XPS 210 ・ Dimension 9200C: シャーシ XPS 210 ・ Dimension 9200C: シャーシ内、前部
    XPS 210(Dimension 9200C)のシャーシ部分のみの画像です。 普通にご使用の状態ではココまでバラす必要があるとは思えませんが・・・一応。

    XPS 210 ・ Dimension 9200C: FRONT FAN XPS 210 ・ Dimension 9200C: FRONT FAN
    XPS 210(Dimension 9200C)のシャーシに唯一!取り付けられているFANがコイツです。 XPS 210(Dimension 9200C)はBTX シャーシですので最前面、CPU Heatsinkの前に隣接するような形で取り付けられています。 あと、標準で搭載されてくるFANとしては電源に1つ、HDDキャディに1つ、です。

    XPS 210 ・ Dimension 9200C: ATI Radeon HD 2400XT XPS 210 ・ Dimension 9200C: ATI Radeon HD 2400XT
    XPS 210(Dimension 9200C)用、Dell純正のLow Profileタイプ・ATI HD 2400 XT、256MB、DMS-59による Dual Display対応版です。 FAN付きのロープロファイル グラフィックス カードですが 特別に煩くありません。Windows Vista のエクスペリンス インデックス値はAeroが「4.0」、3Dが[4.3]と、最新の3Dゲームプレーが目的でもない限り、必要にして十分な実力です。 画像にはDVI x2の DVI+DVI ・DMS-59ケーブルしか写っていませんが、VGA+VGA と DVI+VGAケーブルも付属します。 また、デュアルモニター化せずモニター1台でもDMS-59・分岐ケーブル無しで直接接続する事はできません。

    XPS 210 ・ Dimension 9200C: CPU HEATSINK XPS 210 ・ Dimension 9200C: CPU HEATSINK 裏面
    XPS 210(Dimension 9200C)用のCPU Heatsinkです。 OptiPlex シリーズのSFFモデルとの共用パーツです。 内部にヒートパイプが2本のものと、3本のものが有ります。XPS 210(Dimension 9200C)には取付けられてくる事はありませんが、OptiPlex SFF シリーズにCeleron プロセッサの構成で買うとヒートパイプ無し、アルミ一体型のチープ仕様のヒートシンクが取り付けられてくる場合があります。

    XPS 210 ・ Dimension 9200C: Media Card Reader XPS 210 ・ Dimension 9200C: Media Card Reader 後面
    左右の画像のそれぞれ右側がXPS 210(Dimension 9200C)用のDell純正 Media Card Readerです。 写真でお分かりだと思いますが、同じDellのPCでもTower筐体のモデル用のものと前面パネルこそ同じですが、大きさや形が違いますので互換性がありません。 また、市販のMedia Card ReaderやFDDのほとんどが取り付け不可です。

    XPS 210 ・ Dimension 9200C: BTX Motherboard XPS 210 ・ Dimension 9200C: BTX Motherboard
    XPS 210(Dimension 9200C)専用のBTX Motherboardです。 通常のMicro-BTX仕様のMotherboardより更に小さく26cm x 22cmほどの大きさしかありません。 前面I/Oとオンボード上のi1394端子などは例によってDellの独自仕様ですが、オンボードUSB2.0端子は普通規格ですのでPINアサインを気にする事無くUSB汎用製品を接続することができます。使用されているコンデンサに粗悪品は無く、小さくも無難にまとまったMotheboardだと言えます。

    XPS 210 ・ Dimension 9200C: Intel G965 Express Chipset XPS 210 ・ Dimension 9200C: ICH8 サウスブリッジ
    左の画像はXPS 210(Dimension 9200C)専用 Motherboard上のIntel G965 Express チップセットです。 普段はアルミ製のヒートシンクが乗っかっていますので、コア表面を見ることはできません。 右の画像はICH8 サウスブリッジと呼ばれるIntel G965 Express チップセットの相方的?な役割を担うチップです。 こちらにはヒートシンクは取付けられていません。

    XPS 210 ・ Dimension 9200C: Power Supply Unit XPS 210 ・ Dimension 9200C: PSU 緒元表
    XPS 210(Dimension 9200C)用の電源です。 この電源もOptiPlex 745/755等のSFFモデルと共用パーツです。
    【category: DELL Dimension Series 】 【 comments (0)